検索する

 

SDGs

 

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
私たちケンジグループは、このSDGsの理念に賛同し、その目標達成に貢献していきます。

 

 

ケンジグループとSDGs

私たちは、お客様に喜ばれ、地域のお役に立つサロンを創る
ケンジの仲間を大切にし、互いを磨き高めてゆく
美を追求する事で、関わる全ての人々を幸せにする

これが私たちの経営理念です。
同じ志をもった仲間と美容を通じて、世界が直面する社会課題の解決に取り組み、SDGsが目指す持続可能でよりよい世界を創り出していくことが、私たちの願いです。

 

 

ケンジグループの取り組み

①リネン事業(ケンジメイト)

 

美容室向けタオルクリーニング・タオルの集配送を運営
 サロンから回収したタオルを、1枚1枚手作業でキレイに仕上げています。お客様の笑顔の為、関わる全ての方々の笑顔の為、心を込めてタオルをお届けします。
 継続的な地域社会への支援として、障がい者の方の雇用を促進し、地域社会の発展・地域文化の向上を目指します。

 

 

②訪問美容サービス

 

美容院へのご来店が困難な方へのご自宅・施設への訪問し美容サービスを提供
訪問美容を通してさらに沢山のお客様と出会い、「信頼感・安心感・満足感」の3つの約束を基、長年培われてきた技術力・接客力と美容の力で関わる全ての人々に幸せを提供いたします。
訪問美容の取組みにより美容院にご来店が困難な方への美容サービスの提供と美容師の働きがいにもつながっていきます。
神奈川の地で地域の皆様に支えられ50周年を迎えようとしております。1000人を超えるスタッフと大きなグループに成長できたのも地域の皆様のおかげです。訪問美容という形で、地域社会の発展、地域文化の向上に貢献していける企業を目指します。

 

 

③エコ活動

 

事業所117店舗でペットボトルのキャップリサイクルに取り組んでいます。エコキャップ推進協会を通じ、リサイクル業者へ売却し、再資源化します。また、スタッフ1,200名へエコバックを配布しレジ袋削減への取り組みとサロン販売品を入れる袋もプラスチックから紙袋へ変更しました。

TOP