COLUMN

コラム

| ヘアケア
『髪が傷む原因』

「あなたの髪が傷むのは、ちゃんと説明できない美容師さんのせいです?」

 

●髪が傷む原因を考えたことありますか?

・なぜ?髪が傷むのか原因はなんだと思いますか?

・ちゃんと髪が傷む原因を担当美容師さんに聞いたことありますか?

・髪が傷む時ってカラーやパーマした日から傷み始めるって知ってますか?

・髪が傷む原因はカラー後の残留カラーや残留パーマが原因です。

 

●髪が傷む真実!

・髪が傷む真実はカラー後の残留カラーやパーマをかけた後の残留パーマが原因です。

残留カラーや残留パーマは施術後も髪の中に居座ります。その居座った残留カラーや残留パーマは日常の紫外線やドライヤーの熱、シャワー時の水、ものによっては、シャンプー剤やトリートメント剤でも傷みます。

 

●なぜ?残留カラーや残留パーマで傷むのか?

・髪の中に残った残留カラーや残留パーマが日常での紫外線や熱、化学物質と出会うことで

科学反応がおこり、小さな爆発がおこり熱をもってしまうためです。その熱が髪を内部から髪を傷めてしまい、ダメージホールを増やし、髪を乾燥させたり、キューティクルをはがしたり変形させてしまうからです。

 

●どうすればいいの?

・おおくの人が髪をカラーしたり、パーマをかけることでヘアデザインを楽しんでいます。

もはやカラーやパーマをかけることは自分自身を表現することにかかせないものです。

でも、同時に自分の髪が傷むことも嫌です。解決策はカラー後の残留カラーやパーマ後の残留パーマを取り除くことです。

 

●解決策!

当店ではこの残留カラーと残留パーマーを取り除くためにホリスティック処理します。

このホリスティック処理することで89%近い残留カラーと残留パーマを取り除けます。

ただ残念なことにこのホリスティック処理を取り入れているサロンは少ないです。

私たちがお調べした限りだとこの処理しているサロンはこの近辺だと当店だけでした。

いつまでも髪を綺麗で若々しくするために、ホリスティック処理してください。

 

●お客様の声

・「いままで縮毛矯正と自分で白髪染めをしてました。美容師さんにも1番髪が傷むパターンなので、自分で髪を染めるの辞めて、ここのホリスティックカラーをやりはじめたら、髪にツヤが戻り、縮毛矯正が長持ちしてます。ありがたいです。」

 

・「ここのホリスティックカラーをやりはじめてから、カラーの色持ちがよくなった」

 

・「髪がどんどん綺麗になっていく気がします。」

 

・「いままで年に4回縮毛矯正をしていましたが、2回になりました。傷まないのでストレートがすごいもちます。カラーも退色が少ないせいか長持ちしてとても経済的です。おすすめですよ」

 

・「初めて来店した時は他店でパーマとカラーをやったのですが、ボサボサにされて、ここでここのホリスティックカラーをやったら、今ではサラサラよ!もう他にいけない」

このコラムのライター
代表/アートディレクター / 神之門 政隆
☆VERY風なフェミニンからちょっとインパクトなショートボブが大得意です☆
指名してWEB予約
この記事をシェア
関連記事
PAGE TOP