COLUMN

コラム

| スキンケア
メンズスキンケアのきほんの『き』

近頃、ドラックストアでも男性用のスキンケアのコーナーが増えていませんか??

男性コスメの市場も年々拡大しているようです。

 

でも・・・

「スキンケアってめんどくさそう」

「今までなにもしたことがないから、スキンケアのやり方がわからない」

「なにをどう使えばいいの?」

というような方は多いのではないでしょうか。

 

簡単に解説すると、

スキンケアの基本は3ステップです。

洗う…………洗顔料

潤す…………化粧水、美容液

保護する……乳液、クリーム

まずは肌のヨゴレを落とし(洗う)、水分を補い(潤す)、その水分が逃げたり、肌が外部からダメージを受けるのを守ってあげる(保護する)、という流れになります。

順番も重要ですが、一連の流れで行う必要があります。

今回は、スキンケア初心者の方へむけて基本的なコトをわかりやすく解説したいと思います

 

目次

 

【メンズスキンケア】ステップ①:洗う

【メンズスキンケア】ステップ②:潤す

【メンズスキンケア】ステップ③:保護する

【メンズスキンケア】まとめ

 

【メンズスキンケア】ステップ①:洗う

 

洗顔をしないと、余分な皮脂、汗や埃などが皮膚に残り、肌トラブルの原因になってしまいます。

また、きちんと清潔な状態でなければ、いくら保湿をしようとしても十分に吸収されなくなってしまいます。

常に清潔な肌を保つことはスキンケアの基本です。

 

★デキる男の正しい洗顔方法★

①顔全体を水またはぬるま湯で洗う

洗顔料は朝晩の2回使いましょう。

特に脂性肌(オイリー肌)の方は朝も必ず洗顔料を使わないと、寝ている間にたくさん皮脂が分泌され、皮脂ヨゴレが残ってしまいます。

 

②洗顔料を泡立てる

「泡で洗う」ということが大事

手でゴシゴシこすると肌にダメージを与えてしまいます。

泡を顔と手のひらの間でクッション代わりにして、泡でやさしく肌表面のヨゴレを絡め取るイメージです。

手のひらで泡立てようとしても十分に泡立たないので、泡立てネットを使うことをおすすめします。

 

③Tゾーンを丁寧に洗う

Tゾーンとは額と鼻筋の部分。

ここは皮膚が厚めで皮脂が多く分泌される部分なので、しっかり洗ってあげないと皮脂やヨゴレが残りやすくなります。

泡をやさしくなじませるように念入りに洗ってあげましょう。

 

④Uゾーンをやさしく洗う

Uゾーンとは頬やあごの部分を指します。

UゾーンはTゾーンに比べて皮脂の分泌が少なく、特に目元は皮膚が非常に薄いため、強くこするのは絶対にNG。

肌を傷つけないようにやさしく洗ってあげましょう。

 

⑤ぬるま湯で念入りにすすぐ

すすぎはぬるま湯が基本。

人肌より少し冷たいくらいの温度(30〜35℃前後)のぬるま湯ですすぎましょう。

熱いお湯は肌に負担をかけるので厳禁です。

また、シャワーを直接顔に当てるのではなく、手ですくってすすぎましょう。

泡が残ってしまうと肌トラブルにつながってしまうのでしっかりすすいでくださいね。

 

⑥タオルでやさしく水分をふき取る

濡れた顔をふき取るタオルドライも丁寧に。

タオルを優しく顔にあてて水分をふきとるようにしましょう。

 

【メンズスキンケア】ステップ②:潤す

 

多くの肌トラブル(ニキビ、敏感肌、シワ、たるみなど)は皮膚の乾燥が根本的な原因です。だから、肌に水分を保つための保湿が最重要です。

男性の肌は女性に比べて皮脂の量が多いため、水分量は少なくて乾燥していることが多い。

さらに、皮膚は洗顔後30秒くらいで乾燥してしまうので、すぐに保湿してあげることが大切。

 

★デキる男の「潤す」方法★

①手に化粧水をたっぷりとる

手のひらでOK。化粧水は惜しまずたっぷり使いましょう。

必要に応じて2度づけしましょう。

 

②化粧水を顔全体にやさしくなじませる

化粧水を顔の中心から外側に向けて、ゆっくりなじませてあげます。

このときにパンパン叩くのはNGです。

肌を傷つけたり、負担をかけたりしてしまいます。

手のひらで軽く押し当てるようにゆっくりなじませます。

 

③目もとや口もと、小鼻まわりにも丁寧になじませる

細かい箇所については、指の腹の部分を使い、化粧水を丁寧になじませます。

目もとや口もとは皮脂の分泌量が少ないため乾燥しやすい部分です。

保湿が不十分だとシワの原因にもなりやすいので、しっかりと保湿しましょう!

 

※必要に応じて美容液を使用するのも効果的です。

美容液とは、化粧水に比べて美肌成分、保湿成分がたっぷり配合されたものです。

乾燥肌の方や、30代で肌質が変化してきたと感じる方は、定期的な美容液の使用をおすすめします。

美容液は、化粧水の代わりとして使ってもいいですし、化粧水のあとに使用してもOKです。

 

【メンズスキンケア】ステップ③:保護する

 

保護には2つの目的があります。

・「潤す」で補った水分が出ていかないようにフタをする

・外的ダメージから肌を守る

肌に水分を補ってあげても、フタをしてあげないとすぐに蒸発してしまいます。

また、外的ダメージを受けやすくなってしまうので、このステップで皮膚膜を作ってあげます。

乳液とクリームの違いは、乳液の方がさっぱりしていて軽く、クリームの方がしっとりしていて重めです。

テクスチャー(かたさ、使い心地)は好みの問題もありますが、基本的には乳液でOK。

ただし、乾燥肌の方の場合は、油分が多くしっかり肌に残ってくれるクリームの方がおすすめです。

乳液やクリームは化粧水のあとに使用しますが、化粧水が乾かないうちに塗ってしまうとそれぞれの役割を果たせなくなってしまいます。化粧水が少し乾くまで2〜3分待ってから塗り始めましょう。
 

★スキンケア初心者はまず習慣作りから★

スキンケア初心者に大切なのは、まずスキンケアの習慣を作ることです。

肌をいい状態に保つことは、1日や2日のお手入れではできません。

毎日継続することが必要があります。

 

まとめ

いかがでしたか??

 

スキンケア初心者には面倒に感じたかと思います。

ですが、顔のスキンケアは人の清潔感に与える影響が大きいです。

慣れて習慣化してしまえばお風呂上がりに3分で終わります。

3分で終わるこの3ステップを続けるだけで、ニキビや敏感肌、シワ、シミなどの肌トラブルから解放され、若々しく見られるようになりますので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

【ライタープロフィール】

藤沢 湘南台の一軒家プライベートサロン『LimpS by KENJE』代表 岩崎ユウ

椅子2席だけの小さなサロンを経営。

『優しいヒトトキを贈る』をコンセプトに、毎日忙しい共働き世帯の皆様に、

もっとシンプルに、キレイを楽しむライフスタイルをご提案。

 

このコラムのライター
アートディレクター / 岩崎 ユウ
良質なヘアスタイルは、健やかな頭皮から。 『頭皮のスキンケア習慣』を推奨しています
指名してWEB予約
この記事をシェア
関連記事
PAGE TOP