COLUMN

コラム

| ヘアアレンジ
簡単にできる、こなれコテ巻きを伝授♪

実際にご来店頂くお客様にお伝えさせて頂いているコテ巻きです!

お客様から好評なので是非やってみてください!

今回はミディアム(肩につく、もしくは肩下の長さ)のコテ巻きです


まず、今回のコテ巻きで使うものはこれ!
32mmのコテ
クリップ(髪がとめられるものならなんでもOK)
N.ポリッシュオイル(手ぐしが通る軽めのものがオススメ)

コテの温度は160度がオススメです!
温度が高ければ高いほど髪にかかるダメージが大きく、180度の場合10秒以上かかると枝毛やパサつきの原因になりかねません!
160度の場合は10秒以上熱を当てても180度と比べるとローダメージで済みます。

手慣れてる方は180度でも良いと思いますが、なかなか難しい方と思う方は160度でゆっくりと巻くことをおすすめします。


1.スタートです

2.耳後ろからの後ろの髪を、耳の高さで2つに分けてクリップを使って留めます
綺麗に分けようとしないで大体で大丈夫です
 


3.毛先を外ハネに
目指すのは左側の外ハネです
中間からはさんで毛先までコテを移動していきます
毛先の先までしっかりと熱を通すことが重要です
毛先までしっかり巻けていないとうまく外に跳ねてくれません
 


 
 

4.下の髪が巻き終わったら、クリップで留めた上の部分も同様に外ハネに
 


 
 

5.耳から前の髪を巻きます
こちらの髪も大まかに2つに分けて上の部分をクリップで留めておきます

先に巻くのは下の髪です
横の髪は中間から毛先までコテを移動したら、2〜3回そのまま回転させて少し上まで巻きます
髪全体の3分の1くらいの高さまでがオススメです
今回はリップラインの高さまで
高さを決めたら2〜3秒そのままキープです



3枚目、高さを決めてここでしばらくキープです
 

6.上の部分も同様に巻きます
 
 

7.ここがこなれ感を出すポイント!
前髪の横のお顔周りの髪をつまんでここだけリバース(外巻き)で中間(髪の3分の2)くらいからコテを入れて毛先の方まで巻きます
今までと違うのは毛先から巻くのではなく中間から巻いていきます
毛先の先まで巻いたらそのままコテを抜きます
 
 


 


 
 

そうするとこんな感じになります

 

外ハネとお顔周りのリバース巻きで鏡越しに動きが出るので重くなりすぎません

これだけでも十分ですが、余裕がある人は後ろの表面部分を横の2つに分けとった上の部分と同じくらいの幅の毛束をとって同じ要領で巻くともっと素敵になります
 
 
 

8.仕上げにスタイリング
私が使ったのはN.ポリッシュオイル
ミディアムは大体10円玉くらい、ポンプの場合は3プッシュくらいがオススメです
スタイリング剤は付けすぎると拭き取ることができないので、最初から適正量を出すのではなく、気持ち少なめに出して足りなかったら付け足すのがオススメです

 
 

慣れると10分しないくらいでできるので、是非オススメです!

 

ワンポイント付け足すだけ!


お顔周りだけでもワンポイントでこだわると、ググッとこなれ感が増すので是非チャレンジしてみてくださいね♪

このコラムのライター
スタイリスト / 阿部 美月
似合わせデザインと提案力No.1!
指名してWEB予約
この記事をシェア
関連記事
PAGE TOP