COLUMN

コラム

| ヘアカラー
トレンド〜外国人風カラーの特徴とメリット

 

最近外国人風ヘアカラーが流行ってますが、そんな外国人風カラーの特徴や様々なメリットについてご紹介します。
どの髪色にしようか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

外国人風カラーとは?

外国人風カラーの最大の特徴は、「透明感」です。
透明感があるというのは透け感があるくらい色が薄く、かなり明るい髪色を指します。

アメリカやヨーロッパ、北欧やロシアなど外国人の髪は、黒髪が多い日本人に比べメラニン色素が薄く、もともとの髪の毛が明るいことが多いです。
外国人の髪は、色素が薄いため、光が当たると透けてキラキラし「透明感」があることが特徴です。

外国人風ヘアカラーは、そんな外国人の髪色に近づけるために、ヘアカラーによって透明感・ツヤ感を叶え、外国人のような柔らかいニュアンスの「透明感のある髪」を叶えるものなのです。

外国人風ヘアカラーにするには

ヘアカラーによって髪に透明感を出すには、色味をハイトーンにしたり、ブリーチをした後、好きな色を入れれば綺麗な透明感のある髪色になります。

しかし、髪へのダメージを考えた場合、ブリーチやハイトーンにすると、髪や頭皮への負担が大きくなってしまうため、なるべくなら避けたいという方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、普段からしているカラーにアッシュ系の色を加えるという方法です。
ただ、なりたい色によっては、ブリーチが必要な場合もあるため、担当の美容師さんに聞いてみるのが良いでしょう。

トレンドの外国人カラーについて

アッシュグレー

今最も人気のある外国人風ヘアカラーは、「アッシュグレー」です。
一度ハイトーンな色味までブリーチで抜いてから、アッシュを入れることで陽に当たると透き通るセクシーな髪色になります。
また、アッシュグレーは暗い髪色でも透明感を出せるので、お仕事があるなどの理由であまり髪の毛を明るくできない人にもオススメです。

ダークアッシュ

「ダークアッシュ」も上品な透明感で人気を集めています。
落ち着いた色味なのに、深みとツヤがあり、透明感を十分に出すことができます。

ホワイトアッシュ

明るいカラーにこだわるなら「ホワイトアッシュ」もオススメです。
日本人特有のブリーチした時の赤みが消えて、ブロンドの外国人風に仕上がります。

ぜひ、流行りの外国人風ヘアカラーにチャレンジして、透明感をゲットしましょう!

このコラムのライター
店長/トップスタイリスト / 里見 和樹
心地よい暮らしとヘアスタイルをサポートします♪
指名してWEB予約
この記事をシェア
関連記事
PAGE TOP