COLUMN

コラム

| ヘアケア
『あれ、白髪!?知っておきたい白髪のコト』

朝、お化粧するために前髪をクリップで止めたら、

「あれっ!?」

そう、出てきました生え際に光る一筋のまばゆい白い閃光。。。

今回は白髪のメカニズムについて調べてみました!

 

【目次】

・白髪の基礎知識

・なんで白髪になるの?

・白髪の対策と予防

・まとめ

 

白髪の基礎知識

毛根内部にメラノサイトと呼ばれる

細胞がメラニンと呼ばれる色素を生成します。

そして、髪の毛が伸びると同時に毛髪内部に送り込まれます。

何らかの原因でメラノサイトが正常に働かなくなると白髪の状態になってしまいます。

 

どうして白髪になるの?

白髪になってしまうには、大きく分けて3つの原因があると言われています

①加齢による老化現象

老化の代表的な現象が白髪です。

あくまで自然現象なので個人差が非常にあります。

一つ一つの細胞の働きが正常に機能しなくなることで起こります。

また、御億くの白髪の原因はこれです。

 

②遺伝的要因

若白髪の人は10代~20代で白髪が出はじめることもあります。

これは、遺伝的要素が強いと言われています。

白髪自体というより、体質や頭皮・毛根の形などが遺伝するので、

正確には「白髪になりやすい体質」が遺伝されるようです。

 

③精神的ストレス・その他

心身に何らかの精神的負荷がかかることで白髪になる現象も

確認されています。

その他、栄養状態の不良、薬の副作用や代謝障害によって白髪が生じることが知られています。

 

 

白髪の対策と予防

白髪は抜いても減りません。

むしろ、髪の毛自体が生えなくなる恐れがあるのでやめましょう。

白髪の放置は、老けて見えてしまう大きな原因です。

いまある白髪はヘアカラーなどで染めて好みの色を楽しみましょう。

 

一昔前の白髪対策は、塗りつぶすような色素の濃いカラー(白髪染め)が主流

でした。

現在は、様々なタイプの薬剤や技法があり、表現できる幅も確実に広がっています。髪と地肌に負担がかかるホームカラーはできるだけ控えましょう。

 

まとめ

色素をつくりだす細胞『メラノサイト』働きが鈍ったり、細胞そのものが死んでしまうことが白髪の原因。

できてしまった白髪には、ホームカラーはなるべく控えて、

目立ちにくくするアイテムなどを上手に取り入れましょう。

 

 

 

【ライタープロフィール】

藤沢 湘南台の一軒家プライベートサロン『LimpS by KENJE』代表 岩崎ユウ

椅子2席だけの小さなサロンを経営。

『優しいヒトトキを贈る』をコンセプトに、毎日忙しい共働き世帯の皆様に、

もっとシンプルに、キレイを楽しむライフスタイルをご提案。

このコラムのライター
アートディレクター / 岩崎 ユウ
良質なヘアスタイルは、健やかな頭皮から。 『頭皮のスキンケア習慣』を推奨しています
指名してWEB予約
この記事をシェア
関連記事
PAGE TOP